2015年1月8日木曜日


☆長野県小県郡長門町(現在、長門市)立岩
姓氏大辞典(大田亮著)に立岩姓の由来として登 場。曰く「藤原秀郷子孫・重清が小県郡立岩に至りて立岩と称す」

    有坂(鰺坂)郷の兄弟郷として平 安末期より発生。兄弟郷の有坂弥次郎が塩田庄地頭・島津久経に従い元寇の地・箱崎で竹 崎季長の軍功の証人と成る。(国宝・「蒙古襲来絵詞」、長門町誌)その後有坂弥次郎は薩摩に下向したとも言う。
    中先代の乱の時足利勢に攻められ、立岩・有坂郷の人も離散したという。
    結城陣番表に見る立屋氏
    大塔の戦いに見る立岩氏
    武田に編成された葛山城・葛山族の立岩
    上杉、武田、直江兼続に仕え信州・長沼城で上杉配下の島津淡路守に仕えた立岩

[出典]
http://homepage3.nifty.com/tateiwa/bunken.html

0 件のコメント:

コメントを投稿